印刷範囲
全体プリント
本文プリント

大学で参加型研修を実施しました

投稿日:

このたび、機会があって、明治大学の4年生のゼミ(コミュニケーションについて)を担当しました。
タイトルは『パーソナイル・スタイル理論に基づくコミュニケーション講座』、期間は1学期間、月曜日の3時限目(90分授業)、8回のコースで実施しました。

ラーニング・マスターズのセミナーは基本的には1日、または2日間で実施しています。また、コースはラーニング・スタイルという参加型で行われています。しかし、今回は90分の短時間の中、参加型のセミナーができるのか、また、学生に社会人向けのセミナーが受け入れられるのかという懸念がありました。

そんな中、第1回の授業がスタートしました。初めて教壇に立ち、何とも言えない緊張を感じつつ、新米教師もどきのぎこちない挨拶で、講義は始まりました。いつもより多くの汗をかき、90分があっという間に経ってしまったというのが、初回の印象でした。

たしかに、90分間で参加型研修を進める難しさはありましたが、回を重ねるごとに、工夫次第で90分間の分割授業でも、参加型研修は行えると実感しました。

学生たちはグループでの話し合いや発表に、とても積極的に取り組み、いきいきとして見えました。双方向によるやりとりは、大学の授業でも充分通用することが分かりました。そして、社会人の研修ではあまりないことですが、セミナー内容について、細部や理論的な背景についての、批評や質問が数多くありました。これは新鮮な驚きでもありました。また、授業でスライドを使用したり、携帯電話での出席確認や、意見、感想の提出は、時代の違いを感じさせる出来事でした。

曲がりなりにも、1学期の間、先発完投ができたことにホッとしたというのが、率直なところです。非常に良い経験をさせていただきました。

阪井教授をはじめ、明治大学阪井ゼミの皆さん、ありがとうございました。

﨑山 千春

お役立ちコラム「気づきの小径®」 アーカイブ

2020年10月8日
【オンライン】「初めて教育研修担当になった方へ」「オンライン教育元年の新人フォロー」無料セミナー開催と日程追加のご案内
2020年8月4日
2020年 夏期休業のお知らせ
2020年7月16日
【シリーズ開催】ランチライムWebセミナー「リモート時代、“少し先”の課題を考える」のご案内
2020年7月7日
2020年 創立記念日(7月14日)による休業のお知らせ
2020年5月13日
【受付を終了いたしました】無料Webセミナー「効果的なオンラインセミナー実施のヒントを考える」実施のご案内

→ お知らせ

ページの先頭へ