印刷範囲
全体プリント
本文プリント

GTD®で「ワーク・ライフ・バランス」を考える

投稿日:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

急に予定がなくなって、時間に余裕ができたとき、本当はたくさんやりたいことがあるのにも関わらず、不本意な過ごし方をしてしまい、後悔した経験はありませんか?
私は、「時間が欲しい」といつも言っているにもかかわらず、いざ休みになると、毎回同じような過ごし方をしてしまいがちです。悪いことではないのですが、充実感が高まりづらいなと感じていました。
そんなとき、「ワーク・ライフ・バランス」に関して考える機会があったのですが、次のような疑問が湧いてきました。

『時間に余裕ができたら、本当に人は自分のライフスタイルを変えられるのか?』

そもそもワーク・ライフ・バランスとは、内閣府が示す定義によると、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)が実現した社会=「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる社会」となっています。

この社会の実現のため、政府や自治体、企業などがさまざまな努力をしていますが、それらの情報を見聞きしていると、特に、「残業削減」「時短勤務」「休暇取得」など、時間確保を重点的に取り組んでいるケースをよく見かけます。仕事に偏り過ぎていた時間を、生活に割り振ろう、という動きのようですね。
この動きを見聞きしていて、先ほどの疑問につながりました。

『時間の偏りを是正すれば、人はそれまでの仕事や生活のパターンを変え、よりやりがいや充実感を感じながら働くことはできるのだろうか?』

というのも、慣れ親しんだ習慣を変えるのは並大抵のことでないことを、誰もが経験しているのではないかと思います。つまり、仕事以外に時間を使える環境ができたとしても、すぐに行動を変えることは困難だと思うのです。
では、どうしたらこのような状況を打開できるのでしょうか。私は、”「ライフ」の目標と計画をできるかぎり具体的に考える”ことだと思います。

皆さんは、年末年始に立てた「今年の抱負」や「今年の目標」に向けて、どのくらい行動できているでしょうか?
私は「仕事」だけでなく、「生活」に関する目標も立てましたが、いつの間にか「仕事」の目標ばかり意識して行動していたようです。
そうなってしまった理由を考えてみると、仕事については、「スキマ時間に○○をする」など、やるべきことが明確になっているのですが、プライベートで行うことは、曖昧な状態でした。そのため、たとえプライベートの時間でも、余裕ができたときは、つい仕事のことを考えてしまい、休んだ気がしない…という状況に陥っていたのです。

先日、この状況はいけない!と思い、「仕事」のリストだらけになっている自分の頭の中を一旦はき出し、「生活」に関する気になることや、取り組むべきことを重点的に洗い出してみました。これは、当社の教育研修プログラム「GTD® Getting Things Done® ストレスフリーの仕事術」のプロセスの1つでもあります。

自分の内省を深める中で、「あ、これが自分のワーク・ライフ・バランスを考える、ということか!」と、妙に楽しい気持ちになったりします。

 

おすすめの教育研修プログラム

GTD® Getting Things Done® ストレスフリーの仕事術

 

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ