営業とゴルフ - はじめに

投稿日:

ひと皮むけた営業担当者へ
- 営業とゴルフの共通性からの考察 第1回

タイトルを見て、接待ゴルフの話を想像したかもしれませんが、そうではありません。
長年営業担当として活躍しているものの、いまひとつ成績が伸びない方。自己流でやってきて自信があったつもりが、正直なところ行き詰まりを感じている方。そうした皆さんの問題について、営業とゴルフの共通性という観点から、解決方法をご紹介していきます。

営業とゴルフ

ゴルフは天候の影響を受けやすいことに加え、各ホールにあるバンカー(砂地のくぼみ)や池などの障害物が、プレーヤーの前に立ちはだかります。そのような状況の中で18ホールをいかに少ないスコアで回るかを競う個人競技です。最近では人気が低迷し、競技人口も減少傾向にあるようですが、実は若い女性を中心に「ゴルフ女子」が増えてきているという明るい話題もあります。

そんなゴルフを、私は10年ほど前から始めました。営業の仕事に長く携わってきましたが、デビューとしては、かなり遅い方でしょう。会社の仲間に誘われたのがきっかけで、当初は、「ゴルフのどこがおもしろいんだ?」と思っていました。ところが、次第にはまっていきます。思いどおりにならないのですが、かえってそれが私のモチベーションを高めてくれました。そしていろいろと経験する中で、ふと気づいたのです。「なんだ、ゴルフは営業に似ているな」と。

共通性

共通点の1つめは、営業もゴルフも、「ゲーム」であること。ゲームは、ルールを守りながら勝利(目標達成)を競います。営業もゴルフも、めざすのは勝利です。そしてそのために、状況を分析し、戦略を立て、スキル(技術)アップを図り、コース(現場)に出て行きます。計画どおりに、あるいは想定外に勝利できたときには、喜びや楽しさの享受。うまくいかなかったときは、落胆と反省。この繰り返しですが、ゲームだから楽しいのです。

2つめは、自己流でやっていても、そこそこ成果があがること。恐らく先輩のやり方を見習いながら経験を積み、少しずつ上達していくパターンが多いのでしょうが、それでもあるレベルまでは到達します。実はこれが、落とし穴です。経験に基づいた自己流は、自信の裏付けになるとともに、伸び悩みの原因になります。「そこそこプレーヤー」からの脱却には、科学的根拠に基づいた的確な知識や基本的なスキルの習得が必要です。

次回、経験だけに頼ることなく、ゲームの成果(営業の成果)を早くあげる戦術について、具体的な話を進めていきます。

住友 光男

ひと皮むけた営業担当者へ - 営業とゴルフの共通性からの考察(全7回)

PMI Registered Education Provider ロゴ、およびPMP 、PMBOK® Guideはプロジェクトマネジメント協会(PMI)の登録商標です。

ページの先頭へ